整体師の資格は専門学校で習得することが可能

試験を受ける前の必要知識

勉強道具

必要なのは知識と技術だけ

整体師と言えばマッサージをはじめ、足ツボ刺激やお灸、骨格矯正など多くの技法が思い浮かびます。ですが仕事として見た場合、整体師は無資格で開業できるマッサージ業だと言えます。つまり技術さえあれば、だれでも開業できるのが整体師なのです。柔道整復師、あんま、指圧、お灸、これらは全て国家資格が必要なマッサージ業です。どれも3年以上の就業が義務付けられており、当然国家試験をパスする必要があります。一方、整体師に必要な資格はありません。費用と時間に縛られず、簡単に開業できる強みがあるわけです。ですが整体ブームの今、競争に打ち勝つための知識と技術が必要となります。その知識と技術を示せるのが民間資格です。民間資格は国家資格とは違い、民間団体ごとに取得基準が違います。確かなノウハウを持つスクールに通えば、信用度も価値も高い資格を取得できます。必要な費用は、そのスクールが掲げているコース内容によりけりです。資格を取得してすぐに活躍できる知識や技術が欲しいならば、80万円ほどが費用の目安となります。もともと資格が不要な整体師に、高額な費用をかけるのは抵抗がある人も中にはいるかもしれません。ですが、たしかな技術を得るには必要不可欠です。整体師は資格よりも知識、そして技術が必要なのですから、十分な実技トレーニングが受講できるスクールへ通うことが大切なのです。中には、開業のサポートまで行なってくれるスクールもあります。開業支援も受けたい場合には、そのような学校を選択しましょう。